読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『意外と見落としている、センターリングが上がらない人の共通点とは?』

こんにちは!

たくぞーです!

 

今回は

『意外と見落としている、センターリングが上がらない人の共通点とは?』

について紹介していきたいと思います!

 

f:id:itotau110:20170302183006p:plain

 

サイドをドリブルで駆け抜けたとき、

 

『よし!センターリングをあげるぞ!』

 

と意気込んで蹴ったはいいものの、

全然違うところにボールが

飛んでしまう経験ってありますよね?

 

センターリングは

サイドライン付近の動いたボールを、

半身の状態相手ゴール前に蹴ります。

 

センターリングをあげるときは

多少無理な体勢でボールを

蹴りますよね?

 

そのため、

普通にボールを蹴るよりも、

圧倒的に難易度が上がってきます。

 

しかし、

世界トップレベの試合を見てみると、

本当にセンターリングの精度が高い

といつも実感しています。

 

ではトップレベルの選手達は、

なぜ無理な体勢でも

センターリングをあげられるのだろうか?

 

f:id:itotau110:20170302183736p:plain

 

それは、

センターリングをあげる時に、

正しいフォームでボールを蹴れているからです。

 

筋肉だけ使ってボールを蹴ろうとすると、

センターリングは上手く上がりません。

 

しっかりとステップを踏み、

正しいフォームで蹴ることで、

精度の高いセンターリング

あげられるようになります!

 

是非、

今一度自分のフォームを振り返り

一緒に正しいフォーム

身につけていきましょう!

 

 

 

 

 

そこで今回は、

センターリングを上げる時の正しいフォーム

について説明していきたいと思います!

 

 

 

このフォームをマスターすれば、

無理な体勢でも、

簡単に精度の高いセンターリングを

あげられるようになります!

 

また、

自分のあげたボールが

アシストにつながるようになり、

チームの中心の選手になることができます!

 

 

 

逆にこの方法を知らないと、

サイドでもらったボールを、

毎回センターリングで相手に取られてしまい、

チームに迷惑をかけてしまいます。

 

また、

いくら練習しても

センターリングが上手くあがらず、

伸び悩む選手にはってしまいます。

 

 

 

是非

正しいフォームを身につけ、

アシストをバンバン取れる選手

目指していきましょう!

 

 

 

 

 

センターリングの正しいフォームとは?

 

 

 

1、助走をボールの外側からまわる

 

f:id:itotau110:20170302184332p:plain

 

センターリングが上手くあがらない方は、

自分の前を進むボールに対し、

少し角度をつけて助走つけてみましょう!

 

サイドラインに近い方向に

少しふくらみを取りながら助走をとり、

そこからボールを見るように走り込むのが

ポイントです!

 

そうすれば自然と、

相手ゴール前の状況が視野に入るので、

どこにボールをあげればいいのか

確認することができます。

 

また、慣れてきたら、

助走をボールの真後ろから取っても

センターリングがあげれるように

練習してみましょう!

 

真後ろからの助走はかなり難易度が高いですが、

何度も繰り返し練習をし、

マスターしていきましょう!

 

 

 

 

 

2、軸足はボールの真横に踏み込む

 

f:id:itotau110:20170302184258p:plain

 

センターリングをあげるときは、

軸足をボールの近くに置くことを

意識してみましょう!

 

センターリングは、

走りながらボールを蹴るので、

軸足がボールから離れがちです。

 

しかし、

そうするとボールに力が伝わらず

理想のセンターリングはあげられません。

 

また、

動いたボールを蹴るのが慣れてない方は、

はじめは止まったボールで蹴る

練習をしてみましょう!

 

 

 

 

 

3、ボールの下を蹴る

 

f:id:itotau110:20170302184728p:plain

 

蹴るときは、

ボールの下を蹴ることを意識してみましょう!

 

ポイントは

思いっきり蹴るのではなく、

軽くボールをすくう気持ち

蹴ってみましょう!

 

そうすれば、

力をそんなに入れなくても、

自然とボールが飛ぶようになります。

 

また、

ボールを蹴ると同時

自分が思い描いてる理想のセンターリング

イメージしながら蹴ってみましょう!

 

そのためには、

相手ゴール前の状況を

一度確認しなければいけませんよね?

 

ボールを蹴る前は

ゴール前の状況を確認し、

理想のイメージしながら

センターリングをあげられるようにしましょう!

 

 

 

 

 

4、慣れてきたら質にこだわる

 

f:id:itotau110:20170302185127p:plain

 

慣れてきたら、

センターリングの質を磨いていきましょう!

 

例えば、

キーパーとディフェンスの間を狙う

・グラウンダーの速いボールを蹴る

 

などが考えられます。

 

 

 

是非センターリングの基本のフォーム

をマスターし、質の高いボール

蹴れるようになりましょう!

 

そうすれば、

自然とアシストの数は増えていき、

攻撃の中心として活躍することができます!

 

相手から嫌がられるような、

サイドアタッカーを目指していきましょう!

 

 

 

 

 

f:id:itotau110:20170302185344p:plain

 

今回は

センターリングの正しいフォーム

について説明させて頂きました!

 

では、

正しいフォームの基本の3つ

一緒に確認してみましょう!

 

1、助走をボールの外側からまわる

2、軸足はボールの真横に踏み込む

3、ボールの下を蹴る

 

の3つのポイントです!

 

そしてこれが慣れてきたら、

よりセンターリングの

こだわっていきましょう!

 

是非正しいフォームを身につけ

どんな状態でもいいセンターリングが

あげられる選手を目指していきましょう!

 

 

 

 

実践してみよう!

 

f:id:itotau110:20170216162315j:plain

 

では最後に

センターリングの正しいフォーム

簡単なトレーニングを一緒にやってみましょう!

 

今回は、

日本代表の長友選手

センターリングを見て頂きます!

 

是非センターリングをあげる時の

フォームを意識してみてください!

 

 

では準備はいいですか?

 

youtu.be

 

どうでしたか?

 

このシーンを見たことがある人は

『うわ!懐かしい!』

と感じた人もいるかもしれません。

 

長友選手のように、

少し無理な体勢でも質の高い

センターリングをあげられるように

正しいフォームを身につけていきましょう!

 

 

以上、

『意外と見落としている、センターリングが上がらない人の共通点とは?』

でした!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!