読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんな状況でもトラップをビビらないでするコツとは?

こんにちは!

たくぞーです!

 

今回は、

『どんな状況でもトラップをビビらないでするコツとは?』

について紹介させて頂きます。

 

f:id:itotau110:20170214225319j:plain

 

 

突然ですが、今からお伝えする状況を

一緒にイメージしてみましょう!

 

 

あなたは今、

サイドラインギリギリのポジションにいます。

そして中央でボールを持つ仲間が、

あなたにパスをしようとしています。

 

しかし、

あなたの周りには二人のディフェンダーがいます。

身長が高く、

ガタイのいい二人。

 

しかも、パスが出た瞬間に、

二人のディフェンダー厳しくプレスをかけてきました!

そんな状況でパスをもらう時、

 

『うわっ!どこにトラップしよう。。。』

 

そう思いますよね?

  

f:id:itotau110:20170214225424j:plain 

 

 

こんな気持ちにならないためには、

ファーストタッチの意識』

が必要になってきます。

 

強ければ強いチームほど、パススピードが速くなり、

また、相手のプレスのスピードも速くなってきます!

 

どんな状況でも落ち着いてトラップするためには、

心の準備ができているかがポイントなのです。

 

そこで今回は、

ファーストタッチの意識』をし、

最高の準備ができる方法を紹介していきたいと思います。

 

 

 

この方法をマスターできれば、

 

どんなボールが来ても落ち着いて

トラップができるようになり、

 

トラップした後のプレーも

慌てずにスムーズに行動できるようになります!

 

逆にこの方法を知らないと、

 

すぐに慌てて、毎回トラップミスをして

ボールを簡単に失ってしまい、

 

ボールを呼んでも、味方からパスが来ないという、

最悪の状態になってしまいます。

 

 

 

 

では『ファーストタッチの意識』とは何?

 

f:id:itotau110:20170214225618j:plain

 

 

これはトラップをするときに、

意識する4つのポイントのことです!

 

 

①トラップの前に次のプレーをイメージしておく

②相手より遠い足でトラップする

③リラックスをして、体全体でボールを止める

④体から一定の距離にボールを置く

 

以上の4つのポイントを、

トラップするときに意識してみてください!

 

 

また、これらの全てに共通していることがあります。

なんだかわかりますか?

 

それは、

『次のプレーに移しやすくする』

ことです。

 

ぜひ実践するときは、

『次につなげる』

ということを考えて実践してみてください!

 

 

 

 

それでは4つのポイントについて

それぞれ詳しく考えてみましょう!

 

f:id:itotau110:20170214225821j:plain

 

 

1、トラップの前に次のプレーをイメージしておく

 

僕は小学性の頃、コーチに

『ボールもらってから何するか考えてたら遅い!』

と厳しく叱られていたのを覚えています。

 

しっかりパスをもらう前に、

次は何をするか、

そのためにはどこにトラップをするか、

などを考えることが大切ということです。

 

そのためにも、

パスをもらう前に周りを見ることがポイントです。

 

『味方の誰がフリーか。』

『相手はプレスをかけて来てるか。』

などの状況を確認できるようしましょう!

 

 

f:id:itotau110:20170214230021j:plain

 

 

2、相手より遠い足でトラップする

 

トラップの際は、

ボールをどちらの足で受けるか、

体をどちらの向きでトラップする

が重要なポイントになります。

 

相手より遠い足でトラップすることで、

ボールは取られにくくなり、

自然と視野も広がります!

 

相手がどちらからプレスをかけているのか、

しっかり状況を見極めてトラップしましょう!

 

f:id:itotau110:20170214230119j:plain

 

3、リラックスをして、体全体でボールを止める

 

トラップの時、

『ボールがバウンドしてしまい、相手にボールを奪われる。』

という経験はあるあるだと思います。

 

そこで大事なのは、

足先だけでトラップせずに

体全身をクッションのようにしてトラップすることです!

 

『あれ?うまくいかないな。。。』

 

そう感じたあなたは、

ヒザを意識して見ましょう!

 

f:id:itotau110:20170214230429j:plain

 

 

棒立ちでトラップをせずに、

しっかり軸足のヒザを曲げるのがポイントです!

 

是非トラップの時はヒザを曲げることを意識してみましょう!

 

 

4、体から一定の距離にボールを置く

 

これは人によって、

ベストの距離感は異なりますが、

『1歩か2歩ほど離れたところ』

にトラップするのが望ましいです!

 

『ボールを足元のすぐ近くに止めない。』

逆に、

『体から離しすぎない。』

 

これを日々の練習で意識をし、

自分のベストのところに、

トラップできるようにしましょう!

  

f:id:itotau110:20170214230547j:plain

 

 

これらのファーストタッチの意識』

4つのポイントを確認して、

最高のトラップができる選手を目指しましょう!

 

そして、忘れてはいけないのは、

『次にどんなプレーをするか。』

この意識を常に持ってトラップをしましょう!

 

 

 

 

 

では、今から一緒に簡単な

トレーニングをしてみましょう!

 

次のことをイメージしてみてください。

 

『10秒後あなたは何をしていますか?』

 

どうですか?イメージできましたか?

 

慣れてきたら、

このように日々の生活でも、

『次に何するか』

を考える習慣を身につけていきましょう!

 

以上

『どんな状況でもトラップをビビらないでするコツとは?』

でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!